佐藤健の”上白石萌音がリアル彼女に見える”秘策とは?

佐藤健の”上白石萌音がリアル彼女に見える”秘策とは?


Advertisements


ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で恋人を演じた佐藤健さんと上白石萌音さん。

二人のラブシーンはまるで本当の恋人のようで、放送後には毎回SNSがバズるという社会現象にもなりました。

そんなラブシーンの裏には佐藤健さん流のキュンキュンテクニックがあるようです。



Advertisements




まるで本物の彼氏彼女のような佐藤健と上白石萌音

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で新人ナースの佐倉七瀬と、ドS医師天堂浬を演じた上白石萌音さんと佐藤健さん。

原作が少女漫画ということもあり、突拍子もないストーリー展開なのは否めませんが

二人が演じた治療キスや逆治療キス、バックハグなど数々のラブシーンはドラマとはいえ本当にリアルで視聴者をキュンキュン悶えさせました。

関連:【胸キュン】恋つづ撮影現場で佐藤健が上白石萌音にモテ技連発

そんなキュンキュンシーンを演じるにあたって佐藤健さんが意識していたことがあったようです。

佐藤健流ラブシーンの”動き方”

恋つづでは佐藤健さんのラブシーンでの表情や所作に胸キュンした女子が多かったと思います。

どの瞬間を切り取っても美しい、そんなラブシーンでしたね。

イケメン俳優はたくさんいますが、ここまで圧倒的に美しく、切ないラブシーンを演じられるのは佐藤健さんだけではないでしょうか。

なぜ佐藤健さんはこんなにラブシーンが上手いのでしょう。

たしかに恋愛経験は豊富そうですが、芸能人ならモテることに関しては佐藤健さんだけが特別ではないでしょうから、やはり佐藤さんの役者としてのスキルが大きいのかもしれません。

佐藤健さんは、恋つづのラブシーンを演じる際、頭で考えたり、身のこなしを細かく計算したりということはなかったそうです。

例えばあのアドリブだと話題になった8話の七瀬の髪をほどくシーンでは、

髪を解く前に耳をやさしく撫でているのですが、佐藤さんは「そこに耳があったらなるでしょ!(本人談)」というほど無意識に撫でていたそうですよ(破壊力!)

関連:モテモテの佐藤健の理想の女性は人妻”むっちゃん”

ですが一つだけ動き方で気をつけていたことがあったそうです。

Advertisements



佐藤健のラブシーンのカギは”るろ剣”

佐藤健さんがラブシーンで意識していることは「ゆっくり動く」ということなんだそうです(佐藤健さんSugar談)。

これは以前るろうに剣心で共演した田中泯さんに教わったことだそうですが、緊張感を表現するために、空気のカーテンを動かすことなく一枚一枚くぐっていくように一つ一つの動作をゆっくりと行うことがコツなのだそう。

田中泯さんの教えは戦闘シーンなどの空気が張り詰めた場面での話なのですが、佐藤健さんはこの教えをラブシーンにも応用していたそうです。

たしかにキスシーン一つとっても、視線の落とし方や、相手の手繰り寄せ方、キスのあとの余韻の残し方など、佐藤さんの演技は全ての仕草に時間をかけていますよね。

視聴者が目を離せないのは、佐藤さんが醸し出すこの緊張感のせいかもしれませんね。

そして恋つづのキスシーンで多くの視聴者を虜にしていた、もう一つの密かなキュンポイントは、佐藤健さんの左手の位置ではないでしょうか?

あの振り返りざまの治療キスでは右手は上白石萌音さんの後頭部を包み込み、左手はコートをまくるようにさり気なく自分の腰に添えています。

このフォルム!

様式美を極めた見事なキスシーンです。

思い返せば、この治療キスから恋つづブームに拍車がかかったような。。。

このキスだからこそ世の女性の心が撃ち抜かれたのではないでしょうか?

そして、このキスシーンの左手について佐藤健さんは以下のように語っています。

<要約>

  • ラブシーンとはすなわちアクションシーン
  • アクションは(利き手とは逆の)左手がキマらないとキマらない
  • ラブシーンも左手が一番大事
  • キスシーンの左手は(刀の)鞘の位置

ものすごい持論ですが(笑)

治療キスを見返すとなるほど、説得力があります。

こんな秘話を聞いたら、次はるろうに剣心で鞘に手を置くシーンで恋つづのキスを想像しちゃいそうです。

関連:恋つづブームで再注目の”イタKiss”主演の柏原崇の現在の姿に驚愕!

上白石萌音の演技力がラブシーンのリアルさを引き立てた

佐藤健さんの魅力が凝縮されている恋つづのラブシーンですが、相手役の上白石萌音さんの素晴らしい演技力によってさらに魅力が増しているのではないでしょうか?

ドラマ撮影は一つのシーンを複数テイク撮影するわけですが、上白石萌音さんはラブシーンにおいて、初めて体験するキュンキュンの気持ちを失わないように気をつけて演じられていたそうです。

佐藤健さんがいくら色っぽいラブシーンを演じても、相手の女優さんがこなれたリアクションをしてしまうと、一気にお芝居感が出てしまいそうなところですが、上白石萌音さんが初々しい演技をしてくれることで、まるで私たちが疑似体験しているようにドキドキを共有できるのではないかと思います。

そんな上白石萌音さんのリアルなドキドキ演技は佐藤健さんのお芝居にも相乗効果を与え、回を追うごとにキュンキュン度が増していったのではないかと想像しています。

この記事を書いている時点ではまだ最終回を迎えていませんが、一足早く言わせてください。

本当に素晴らしいドラマをありがとうございました。

また二人の共演が見れる日が来たらうれしいなぁ。

ではでは。

関連:佐藤健の自宅の壁にあるあのアート作品の正体判明!

エンタメ・ニュースカテゴリの最新記事

Scroll Up