ダイソーUR GLAM(ユーアーグラム)成分は安全or危険?調査したよ

ダイソーUR GLAM(ユーアーグラム)成分は安全or危険?調査したよ


Advertisements


100均コスメで大人気といえばDAISOのオリジナルコスメブランドUR GLAM(ユーアーグラム)のアイテムです。

これまで100均の化粧品を使ったことのない人でも思わず買ってしまう良質コスメですが、100均コスメって危なそう、と抵抗があって購入に踏み込めない人もいるのではないでしょうか?

というわけで、UR GLAMのコスメの安全性について調査してみました。

関連:UR GLAMアイカラーパレット2020新・限定色レビュー!カラフルで超優秀!



Advertisements




100均コスメNo.1のUR GLAM(ユーアーグラム)はカワイイけど危険?

この投稿をInstagramで見る

U R GLAM(ユーアーグラム)(@urglam_official)がシェアした投稿

100均コスメの「ダサい」「安やすっぽい」の常識を覆し、今やプチプラコスメ界でもトップクラスの注目度と人気を誇るのが、DAISO(ダイソー)のオリジナルブランドUR GLAM(ユーアーグラム)のコスメアイテムです。

100均にありがちなイケてないパッケージを廃止し、おしゃれかわいいを全面に押し出しているユーアーグラムのコスメは見た目だけでなく、発色や色持ちがよくコスパも抜群です。

しかも、基本的に100円なので、いろんなアイテムを揃えればメイクの幅も広がりますよね。

そんな値段、使用感ともに満足できるユーアーグラムのコスメアイテムを使わない手はない!と思うのですが、100均コスメにネガティブなイメージを持っている方も多いと思います。

ユーアーグラムのように優秀なコスメを試してみたいけど、成分も謎だし、なんとなく危ない気がして手が出せない。

今この記事を読んでいるあなたも同じような気持ちではないでしょうか?

正直私も以前は100均の化粧品は、怪しい感じがしてよほど金欠だったり緊急に必要な時以外は購入は控えていました。

でも、このまま何も知らないのもモヤモヤするじゃないですか?

というわけで、大人気のUR GLAMの成分について調べてみました。

UR GLAMブルーミングアイカラーパレットの成分を検証

この投稿をInstagramで見る

U R GLAM(ユーアーグラム)(@urglam_official)がシェアした投稿

ユーアーグラムの看板商品といえばコレ!ブルーミングアイカラーパレットです。

9色のアイカラーのセットですが、どの色も捨て色が無く、発色もいいため大人気すぎて店頭から姿を消すほど。

関連:ブルーミングアイカラーパレット01/02比較!あなたにオススメの使い方は?

しかも9色も入っていて100円なんておいしすぎます!

でも、味方を変えれば安すぎて怖いですよね・・・

というわけで、一番人気のこのアイシャドウパレット(カラー01)の成分を調べてみることにしました。

以下、成分表に記載されている成分とその役割、安全性について記載していきます。

各成分の情報は化粧成分オンライン様cosmetic-info.jp様のデーターを参照させていただきました。検証データや詳細はリンク先ページでご確認ください。

マイカ

別名:雲母。

パール光沢を与えたり、感触を改良するために配合されている。

10年以上化粧品に使用されている成分で、皮膚刺激やアレルギー性はほとんどない。

タルク

滑石を加工して作られる。

化粧品に伸びの良さや滑らかさ、自然な光沢を加える。

10年以上化粧品に使用されている成分で、皮膚刺激やアレルギー性はほとんどなく、発がん性の危険性も少ないと考えられている。

トリメリト酸トリトリデシル

石油由来の成分。

滑らかさを加えるもの。

安全性に関する資料を見つけられなかったのですが、有名なデパコスにも広く配合されている極一般的な成分です。

メタクリル酸メチルクロスポリマー

滑りや付着性を向上させる役目がある。

皮膚刺激性、眼刺激性はほぼない。

アレルギー性の報告もなく、安全性に問題はない。

シリカ

自然界では近くを形成する物質であるが、工業的には合成して作られている。

化粧品の質感を滑らかにしたり、光沢(虹のような多色の色彩)を出したり、持続性を高めたりする役目がある。

皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光毒性・光感作性はほとんどない。発がん性に対する証拠もない。

パルミチン酸エチルヘキシル

高級アルコールの一種エチルヘキサノールに高級脂肪酸のぽルミちんさんを結合させたエステル油。

皮膚にうるおいを与えたり、さっぱりとした使用感を与える役割がある。

皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

ステアリン酸Mg

高級脂肪酸であるステアリン酸のマグネシウム塩。

撥水性や潤滑性、付着向上性を高める役割がある。

40年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

ケイ酸

ゲル化剤(増粘剤)の一種。

化粧品の増粘剤として広く使われる。

皮膚刺激性はなく、眼刺激性は最小限の刺激が生じる可能性がないわけではないが、アレルギーの報告もないので、安全性に問題ない。

ジメチコン

最も代表的なシリコン油。

サラッと伸びの良い感覚にする、撥水性を向上させるといった役目がある。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

ポリイソブテン

炭素と水素のみからなる化合物。

粘り気を増したり、粉体の分散性を高める。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光毒性・光感作性もほとんどない。

ミネラルオイル

石油から固形パレラフィンを除去し生成して作られた混合物。

肌に潤いをあたえたり、潤滑性を向上させる役目がある。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光毒性・光感作性もほとんどない。

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー

非水系増粘剤。

油の硬さを調整する役割がある。

同成分は市販の口紅やリップグロスなどに広く用いられている成分です。

フェノキシエタノール

エタノールとあるが、一般的なアルコールと成分が異なるため、アルコールフリー製品にも配合されている。

抗菌・防腐作用がある。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光毒性もほとんどない。

メチルパラベン

抗菌・防腐作用がある。

80年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光感作性もほとんどない。

エチルパラベン

抗菌・防腐作用がある。

80年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性はほとんどない。アレルギー性は2%程度見られることがあるが、一般的には安全な成分。

ホウケイ酸

非常に細かい球状ガラス。

パール光沢を与える。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性は殆どない。

合成フルオロフロゴパイト

合成マイカ。

白色の粉体基剤。着色のベースとなる。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性、光毒性・光感作性もほとんどない。

酸化チタン

白色顔料。紫外線防御作用もある。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

酸化スズ

マイカ、合成フルオロフロゴパイトや酸化チタンで被覆することで非常に透明感の高いパール光沢が得られる。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

酸化鉄

鉄の酸化物(無機顔料)。

黒色、赤色、黄色の着色に用いる。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

マンガンバイオレット

ピロリン酸マンガンアンモニウムから成る化合物(無機顔料)。

紫色の着色に用いる。

10年以上の使用実績があり、 皮膚刺激性、眼刺激性、アレルギー性もほとんどない。

黄4

有機合成色素。

黄4は すべての医薬品、医薬部外品、化粧品に使用できると法で定められています。

Advertisements



UR GLAMの成分は他の化粧品と変わらない

ご覧いただいたように、UR GLAMのブルーミングアイカラーパレットに配合されている成分は一般的な化粧品にも使用されている悪影響の少ない成分です。

一般的な化粧品でかぶれやアレルギー反応を起こすことがない方であれば、基本的に安全に使えるものだと考えられます。

関連:セリア/キャンドゥの”神コスメ”ACメイクアップの安全性はコチラ

中国製だけど大丈夫?

しいて不安点を上げれば中国製という点でしょうか?

中国製が一概に悪いというわけではないですが、これまでも中国製の食品の危険性が報じられてきたこともあり、不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。

これに関してはダイソーの中の人(しかも内情を知り尽くしている人)でないとわからない部分だと思います。

ですが、自分がダイソーの人間だとしたら・・・

今ダイソーの商品の中でも最も話題になっている商品の一つですし、今後もブランドを育てて、国内だけでなく海外でもブームを作っていきたいと考えるのであれば、問題がある商品を作ってブランドを廃止するなんてことは避けたいです。

力を入れている商品だからこそ、品質管理はより慎重に行うのではないか?と考えますが、いかがでしょうか?

不安なら購入後にパッチテストを

UR GLAMの安全性について調べてきましたが、

UR GLAMや100均コスメに限らず、たとえばデパコスにだってで合う合わないがありますよね?

やはり敏感肌の方や過去に化粧品でアレルギー反応を起こしたことがある方はとくに、新しいコスメを使う前に少量を肌に付けてテストを行うことをおすすめします。

いくら不特定多数の方が使用している商品といえども、自分の身は自分で守るべし。

それでは、快適な100均コスメライフを!

ではでは。

ビューティーカテゴリの最新記事

Scroll Up