羽生結弦がトゥルソワら4回転女子を語って謙虚さを称賛される

フィギュアスケート

羽生結弦がトゥルソワら4回転女子を語り謙虚さを称賛される

先日2019年グランプリシリーズ・スケートカナダで優勝した羽生選手。

試合後の記者会見で、女子で優勝したロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ選手やその他の4回転やトリプルアクセルを跳ぶ女子選手たちについて言及しました。

羽生結弦が女子4回転ジャンパーを語る動画

羽生結弦選手がスケートカナダ2019の試合後の会見で、トゥルソワ選手やロシアの有望な若い女子選手について言及しました。

以下、和訳です。英語の字幕が一部間違っているようなので、訂正して訳しています。

「 (トゥルソワについて) 彼女はとても素晴らしい。特別なスケーターです。

ロシアにはたくさんの素晴らしいスケーターがいますよね。例えば(アンナ・)シェルバコワ、(アリョーナ・)コストルナヤ、 (アリョーナ・)カニシェワ、そして(カミラ・)ワリエワも。たくさんのスケーターが4回転を跳びますね。

これは僕にとって本当に励みになります。 僕は彼女たちみんなをリスペクトしているんです。彼女らのジャンプはあまり力を使っていませんからね。

これは僕のやり方と同じなんです。僕にはあまり多くの筋肉がありませんし、ジャンプの入りの力強さもありません。だからジャンプをもっとナチュラルに跳び、全てを柔らかく滑らかに行いたいと思っています。彼女たちはそれを行っていると思うんです。

僕は彼女たちからその方法を学び、それを身に着けたいと思っています。彼女たちに会うのが楽しみです。」

全て英語で丁寧に語られていますね。

羽生選手の英語、美しいです。

関連:羽生選手の英語力のネイティブスピーカーからの評価は?

トゥルソワ選手だけではなく、シェルバコワ選手やトリプルクセルが跳べるコストルナヤ選手(3人合わせて”3A”)や、ジュニアのカニシェワ選手やワリエワ選手にまで言及しているのが印象的です。

男子ならまだしも、女子のジュニアの選手までチェックしているんだぁと意外でした。

関連:トゥルソワ・シェルバコワ・コストルナヤ露女子の見分け方は?

羽生結弦の謙虚な姿勢が話題に

この羽生選手のロシア女子選手を語った内容が謙虚で素晴らしいと称賛されています。と同時に、ジュニア選手にまで関心を持っていることに驚きも。

ファンの反応を一部ご紹介します。

「彼はいつも謙虚で他人を褒めるよね。大好き。」

「彼はいつも控えめで、他人の良いところを見つけられる人ね。」

「結弦は私たちみたいにジュニアグランプリを見ているってこと?」

「私は彼ほど忙しくないのにジュニア選手を追えていないわ!彼はどうやってチェックしているんだろ?」

「彼はジュニアも見ているのね!そうだと思った!!ワリエワを知ってくれてるなんて最高!!」

羽生選手は2度のオリンピック王者であり、フィギュアスケートのレジェンドでもあるので、他の選手から手本とされる立場の人です。

そんな人がシニアに上がったばかりの選手やジュニアの選手にアドバイスを送ることはあっても、手本とすることはなかなかありませんよね。

謙虚でもありますし、それほど自分がアスリートとして、そして人として成長したいという向上心の現れでもあると思います。

ちなみに某チャリティー番組でも羽生選手は被災された人々に対してとてもリスペクトの心を持って接していました。

羽生選手自身が、厳しい道を歩いてきた分、頑張っている人は年齢や立場関係なく尊敬できるのでしょうね。

ではでは。

-フィギュアスケート
-, , ,

© 2020 ウラウラ+