”産後うつ”ツイートの橋本琴絵とは?炎上商法?コロナデマ発言も

”産後うつ”ツイートの橋本琴絵とは?炎上商法?コロナデマ発言も


Advertisements



「産後うつは言い訳。甘え」だと主張したツイートが大炎上している橋本琴絵さん。

過去にもたびたび炎上ツイートを投稿している彼女ですが、橋本琴絵とはそもそも誰なのでしょうか?

橋本琴絵さんという人物と過去のツイートについてご紹介します。




Advertisements



橋本琴絵って誰?プロフィール

<橋本琴絵プロフィール>

名前橋本琴絵
出身地広島県尾道市
生年月日1988年11月17日
血液型O型
学歴広島大学附属福山中・高等学校卒業
九州大学卒業
所属団体・役職日本会議会員/喫煙者の権利を守る会顧問
選挙歴2017年衆院選 希望の党の推薦で広島5区出馬
主張単独親権制反対/性差別反対/人種差別反対/児童虐待の厳罰化/親中反対

橋本琴絵さんは現在31歳の政治活動家です。2017年には国政選挙に出馬しています。

橋本琴絵さんが所属する日本会議とは日本の保守主義の団体であり、多くの国会議員も所属しています。菅内閣の官僚20人中14人が日本会議の国会組織である”日本会議国会議員懇談会”に所属しており、菅総理大臣自身もメンバーです。

関連:岸信夫防衛大臣と安倍晋三 兄弟でも名字が違う理由とは?

つまり日本会議は政界に大きな影響力のある右側の団体ということです。

橋本琴絵さんは議員ではありませんが、雑誌のコラムやインターネットメディア、自身のSNSなどを通じて自らの政治主張を発信しています。

橋本琴絵さんの主張の中に「単独親権制反対」「性差別反対」といったものがあり、フェミニストという印象も受けますが、その主張の根底には「他国(中国)に負けない強い日本=強い社会・国民という」意識があるようです。

ちなみに橋本琴絵さんは既婚者で、2児ともうすぐ生まれる赤ちゃんの母親でもあります。

橋本琴絵の”産後うつ”発言が大炎上

橋本琴絵さんの「産後うつは甘え」という旨のツイートが大炎上しています。

もし奥様が「産後うつ」を言い訳にして家事や育児を怠ったら怒鳴りつけて躾けましょう。私は産後3ヶ月で衆議院議員選挙を全力で駆け抜けました。 「産後うつ」は「甘え」です。

橋本琴絵Twitterより

「産後うつ」なる病気は地球上に存在しません。誰かが勝手にあると思い込んでいるだけ。(icdにもdsmにもない。産褥期うつ状態F530はあるが、状態であってうつではない)

橋本琴絵Twitterより

この文章を見ると

「産後うつなんてありもしない病気を主張するんじゃない。私なんて産後3ヶ月でバリバリ働いてたんだから、あんたも甘ったれたこと言ってんじゃないよ!」

と聞こえなくもない。いや産後に苦しんだ経産婦ならそう聞こえる言い方です。

「生理は病気じゃないでしょ」とも似てますよね。言われたら腹が立つを通り越して、この人とは分かり合うことはないだろうなという絶望感を味わう感じ。

私も経産婦で生理痛もありますが、こんな言い方されたら悲しくなりますし、何いってんの???ってなります。これは大炎上しても無理はないでしょう。

「産後うつ」発言の真意は??

先程ご紹介した橋本さんの炎上要素ふんだんツイートは現代社会において批判されて当然と言えます。

しかしあのツイートはこう続いています。

なるほど。

「産後うつが子供を殺す正当な理由として認められたことはない。産後うつを逃げ道に使ってるから男女平等が実現しない。」ということですね。

個人的にはこの発言も正直腑に落ちませんが…

ですが、橋本琴絵さんをいろいろと調べてみると
炎上発言の裏には橋本さんのある経験が関係しているように感じました。

橋本琴絵さんは2017年に政治家を志したのですが、そのきっかけは同年の北朝鮮のミサイル発射にありました。

ミサイルは日本に落ちることなく難を逃れましたが、生後2ヶ月の子供を抱えてJアラートを聞いた橋本さんは平和がおびやかされる恐怖を肌で感じるとともに、政府の対応に不安を覚え「このまま男性にまかせてはいられない」と選挙に出馬したんだそうです。

そんな彼女の背景をふまえると、産後うつツイートの真意は「女性は産後つらいけど頑張ろう。男性は女性に産後うつと言わせないようにサポートしよう」と言いたいのかな?と。

あ、私は彼女の支持者でもないしフォローする気もありません。

ですが、一つのツイートで全てを判断するのも違うかなと思い、彼女の思想などを調べた結果このように捉えました。

ですが仮に私の推察が合っていたとしても、言い方ですよ、言い方!

彼女のツイートには自分の「あれも言いたい、これも言いたい」しかないですよね。良く言えば端的にまとめられているのですが、共感を得るための言い回しや、思いやりのような要素が皆無です。

そのようなツイートは結果的に人の感情を逆撫でするのではないでしょうか。

橋本琴絵は”コロナに正露丸”のデマ発言でも炎上していた!

実は橋本琴絵さんが注目されたのは今回が初めてではありません。

新型コロナウイルスの情報が錯綜していた3月初旬には

「正露丸がコロナに効く」という内容をツイートして話題になりました。

しかし、そのツイートから10日後には「正露丸はデマ。反日のレイシストが情報拡散している」とツイートして、自らの過去の発言はなかったことに。

かと思えばその翌日には

「正露丸は必ず新型コロナウイルスを破壊する」と発言。

支離滅裂ですよね。

この流れ関して、彼女の意図は全くわかりません。

Advertisements



過激なツイートが多い橋本琴絵

謎の正露丸発言以外にも橋本琴絵さんは日頃から過激な発言をしています。

発言自体は過激ですが、個人的には大きく頷けるものもあります。

あなたも深く共感できる、もしくはひどく嫌悪するツイートがあるのではないでしょうか?

おそらく橋本琴絵さんの言葉がストレートすぎて良くも悪くも心に大きく響くのでしょうね。

橋本琴絵は炎上狙い?

今回の「産後うつ」やコロナ禍の「正露丸」のようにツイートが炎上しやすい橋本琴絵さん。

彼女は売名のために炎上させるいわゆる炎上商法を行っているのでしょうか?

真相は本人にしかわかりませんが、人々に主張を伝えるためには炎上が効果的なことは確かです。

橋本琴絵さんの場合は議員として活動をしている方ではないので、失うものもありません。むしろ一人でも多くの国民に自分の存在を知ってもらい、その中から共感してくれる人を増やしていくことが国政進出の後押しになりますよね(今後も出馬の意思があれば)。

そういう意味では橋本琴絵さんはあえて過激(印象的)な言葉を選んでいるのかもしれません。

エンタメ・ニュースカテゴリの最新記事

Scroll Up