アメリカ歌手Jason Rayとは?SixTONES,SnowMan,なにわ男子,KingGnuにコメント

エンタメ・ニュース

アメリカ歌手Jason Rayとは誰?売名?SixTONES,SnowMan,なにわ男子等にコメント

2021年1月20日

いま日本のアーティストのYouTube動画のコメントが話題になっています。

それはJason Ray(ジェイソン・レイ)というアメリカ人歌手のコメントです。

彼のアカウントは公式マーク付きで、おそらくプロのミュージシャンのようですが、Jason Rayとは一体どんな歌手なのでしょうか?


SnowMan,SixTONES,なにわ男子,King Gnu等の動画に歌手Jason Ray(ジェイソンレイ)がコメント

SixTONESの「うやむや」MV、SnowManの「EVERYTHING IS EVERYTHING」レーコーディング動画、なにわ男子の「ダイヤモンドスマイル」のライブ映像などのジャニーズグループのYouTube動画に立て続けにコメントしているJason Ray(ジェイソン・レイ)さん。

アカウントには公式マークがついており、チャンネル登録者は約30万人。しかもアメリカの歌手ということ。

以下はなにわ男子の動画に書かれたJason Rayさんのコメントです。

「こんにちは。私はアメリカの歌手、Jason Ray。 歌がとても良いです。この歌手のダンスは可愛く素敵です。彼らは、日本のアイドル歌手ですか?本当に素敵です。これらはすぐに世界の1等歌手になることができるようになります。応援します!」

引用:https://www.youtube.com/watch?v=KcDQyVts99A

アメリカの方とのことですが、日本語でコメントされています。

内容も大絶賛です。

Jason Rayさんは同じようなコメントをSixTONESやSnowManの動画にも残しています。

また、Jason Rayさんはジャニーズアイドルだけではなく、King Gnuの「三文芝居」の動画や、野球の清原さん(清原和博さんのことでしょうか?)の動画にもコメントをしているとの情報も。

興味は音楽だけじゃないようですね。

親日家なのでしょうか?

アメリカ歌手Jason Ray(ジェイソンレイ)公認でジャニーズが世界に羽ばたく?

アメリカの歌手であるJason Rayさんがコメントを投稿しているということは、ご本人が動画を見たということになります。

さらにそれぞれの動画を絶賛していますから、彼がコメントを残したアーティストは、うまく行けば世界でも知名度を上げられるのでは?と期待しているファンも多いようです。

例えばジャスティン・ビーバーのツイートが世界的ブレイクにつながったピコ太郎さんや、レディ・ガガさんが公認したパロディMVが海外で話題になった渡辺直美などの前例もあります。

関連記事:海外反応「パロディじゃない」渡辺直美&ゆりやんのガガ&アリアナMVカバー

SnowManやSixTONES、なにわ男子、King Gnuなども波に乗れるのでしょうか?

ムーブメントが起きるのかどうかは、まずJason Rayさんが世界でどれほどの影響力を持つ方なのかを知る必要がありそうです。

Jason Rayって誰?人気や代表曲は?

失礼ながらJason Rayさんのことを存じ上げていなかったので、どんな活動をされているのか?代表曲はどんな曲なのか?などを調べてみました。

まずJason Rayさんの情報をWikipediaで調べようとしたのですが、WikipediaにはJason Rayさんのページがありませんでした。

SNSやYouTubeを調べてみたところ、Jason Rayさんの活動が分かってきました。

Jason Rayの歌手としての経歴

アメリカテキサス州出身のJason Rayさんは現在は韓国在住。

2013年頃からYouTubeでK-POPのカバー動画の配信を行っており、同年の動画EXO「ウルロン (Growl)」のカバー動画は再生回数120万回超えを記録します。それがきっかけで2014年には韓国のオーディション番組スーパースターKに出演し、スーパーウィークまで勝ち上がりました。

その後もK-POPのカバー動画を次々と投稿し、近年には自身のレーベルHGMCを設立し、プロのアーティストとなります。

昨年末には梨泰院クラスのオリジナルサウンドトラックの英語版「START」を音楽配信サイトにリリースし、世界デビューを果たしました。

初めて歌を聴きましたがとても上手ですね。

もともとK-POPはアメリカのPOPやブラックミュージックの影響を受けている音楽なので、アメリカ人のJason Rayさんの歌声と表現方法がよくマッチしています。

Jason Ray自身は自らを「韓国で活躍するK-POP歌手」と名乗っています。

彼は、近年K-POPがビルボードチャート上位にランクインするようになったことに刺激を受けており、今度はK-POP市場で海外のアーティストが活躍できることを証明したいと意気込んでいるそうです。

人種や文化の違いを超えて、K-POPカルチャーを世界に広めるというのがJason Rayの今後の目標です。

今の時点で代表曲(ヒット曲)があるというわけでは無さそうですが、今後の活動に期待ですね。

Jason ray の海外での人気や影響力は?

Jason Rayさんはアメリカ”人”歌手ではありますが、韓国で活躍するK-POP歌手です。

それにプロシンガーとしての経歴はまだ浅いので、世界(とりわけ欧米)での歌手としての知名度は低そうです。

今後、K-POPがさらに海外市場を席巻したら逆輸入という形でJason Rayさんのアメリカでブレイクする可能性はもしかするとあるかもしれません。

そんな日が来たら、Jason Rayさんに絶賛された日本のアーティストが注目されるなんてこともあるのかも?!

知名度の低いJason Rayの動画コメントは売名行為?!

K-POPファン以外にはまだまだ知名度の低いJason Rayさん。

そんな彼が流暢な日本語でYoutubeにコメントを残すわけですから、注目を浴びるのも当然ですよね。

なかには彼のこの行動を「売名行為ではないか」と批判する人もいます。

確かに彼の行動は日本人へのアピールと捉えられますし、売名行為であるとも言えると思います。

ですが、Jason Rayさんのように、YoutubeやSNSで下積みを重ね、ブレイクしていく歌手は世界各国にいます。

これからの時代はレコード会社にプッシュされてブレイクするという従来の方法よりも、ソーシャルメディアを通じてブレイクするアーティストの割合がますます増えるでしょう。

そうなると、売れないアーティストがソーシャルネットワークで自分自身をPRすることは何もおかしなことではありません。

確かに、推しの動画に自分を売り込むコメントをされたら、動画を利用されているような気がしていい気分ではありませんよね。

ですが、ひと目の付く場所で宣伝を行うという行為は、例えば人気アーティストのアリーナ公演の会場で自分たちのビラを配る若手アーティストたちとも同じではないかと感じます)。

Jason Rayさんの場合は、ファンが多いジャニーズグループの動画にコメントしたことや、アメリカで活躍する歌手であるかのようなコメント内容だったことでちょっと目立ってしまったのかもしれませんね。

まとめ:Jason RayはK-POPを愛する韓国版クリス・ハート

Jason Rayさんについてまとめますと、

  • 職業はYouTuber兼プロシンガー
  • 韓国在住で活動の場も韓国
  • K-POPを英語で歌うカバー動画で話題になり韓国で人気に
  • 最近自身のレーベルを立ち上げて梨泰院クラスのカバー曲を世界配信

ということでした。

歌手として世界で名前が売れるのはこれからといったところでしょうか?

ところでJason Rayさんの韓国でのブレイクのしかたが日本でのクリス・ハートさんのそれと似ていませんか?

クリス・ハートさんも日本の名曲を黒人さん特有の美声と感性で歌い上げたためブレイクしましたよね。

Jason Rayさんもクリス・ハートさんも韓国と日本の音楽への愛情が深いのでしょうね。

Jason Rayさんがジャニーズアイドルをはじめ、日本のアーティストの動画にコメントしているのは売名という見方は置いておいて、K-POPがきっかけでアジアのアイドルグループに本当に興味を持ったからなのかもしれません。

正直現時点では、ピコ太郎さんのジャスティン・ビーバーのように、Jason Rayさんのコメントが世界ブレイクのきっかけとまでにはならないかと思いますが、こうやって国や文化を超えてプロのアーティストに評価されるのは嬉しいことですよね。

関連記事:SixTONESは高級ホストクラブ風?ジャニーズFC会員証まとめ

-エンタメ・ニュース
-, , , ,

© 2021 ウラウラ+