清塚信也のピアノ英才教育の反動が泣ける!

清塚信也のピアノ英才教育の反動が泣ける!


Advertisements



ピアニストの清塚信也さんといえば速弾き超絶技巧と、イメージに反するキレのあるトークで人気ですよね。

清塚信也さんは日本人男性のクラシックピアニストとしては初の単独武道館公演を行うなど、ピアニストとして確固たる地位を確立していますが、清塚さんがここに至るまでの土台を培ったのは母親の徹底的な英才教育でした。




Advertisements



ピアニスト清塚信也の母のスパルタ教育がスゴイ

View this post on Instagram

GQ JAPAN Grand Seiko

A post shared by 清塚信也 (@shinya_kiyozuka) on

ピアニストの清塚信也さんといえばコンサートを開催すれば満員御礼、テレビや映画などの挿入歌や主題歌も多数手がけ、ミュージシャンや羽生結弦選手らとコラボするなど超売れっ子ピアニストです。

関連:羽生結弦の英語力は高い?ネイティブの評価は?動画あり

そんな順風満帆に見える清塚信也さんですが、幼少期から母親の徹底したスパルタ教育を必死に乗り越えた努力の人でもあるのです。

清塚さんは日本人の父親と韓国人の母親の元に生まれました。

母親は子供の頃ピアノやバイオリンにあこがれていたものの習うことが叶わなかったため、清塚さんと2つ年上の姉にピアノとバイオリンをそれぞれ習わせました。

そして清塚信也さんをピアニストにするために独自の教育を行っていたようです。

「ピアニストになれないなら生きなくていい」清塚母の独自の教育論

5歳からピアノを始めた清塚さんは幼少期より朝5時に起きて一日12時間もピアノの練習をしていたそうです。

学校はどうするの?と思いますよね。

清塚さんのお母さんは息子をピアニストにするために「ピアノだけをやればいい」と考えていたようで、時には学校を早退させるほど。

お母さん曰く「漢字も計算も雑念」

勉強ができなくても全く構わなかったんだそう。

関連:IQ130に上げるために小学生までに自宅でできる方法は?

また、通学時間ももったいないからと、

学校やピアノ教室など、そのときどきで最も利用頻度の高い施設の近くに毎回引っ越していたんですって。

そして家庭内では基本的に音楽以外の活動は禁止。

姉弟でお笑い番組を見て笑っていようものなら

「笑うな。笑うのは人生の後半にしろ」と怒られたんだそうです。

そしてたびたび、お母さんは清塚さんの目をじっと見つめて

「あなたはピアニストとして生きていく」

「あなたは教養も一般常識もないから、ピアニストになれなかったら生きていけません」

「ピアニストになれなかったら生きていかなくていい」

と諭していたんだとか。

これに対し清塚さんは反抗しなかったのかというと、

お母さんが怖すぎて、反抗したくてもできなかったようです。

清塚さんの子供時代はこのような徹底的なピアノ漬け生活だったため、友達と遊ぶということもほとんどなかったようです。

お母さんの教育のおかげで現在の清塚さんがあるのはごもっともですが、清塚さんはピアノ嫌いになる時期もあったようなので、気の毒な気もします。

Advertisements



清塚信也に母の英才教育の反作用が

晴れて売れっ子ピアニストとなった清塚信也さんですが、おとなになった現在、母親の英才教育の反作用が現れているようです。

人が当たり前にできることができない

この投稿をInstagramで見る

清塚信也(@shinya_kiyozuka)がシェアした投稿

ピアノの知識とスキルだけを身に着けて育った清塚信也さんは、大人になった今でも掛け算やわり算ができません。

また、東京出身なのに路線図も理解できないそうです(学校のそばに引っ越してたから)。

なのでとりあえず一番高額のきっぷを買い、自動改札機が閉じないようにしているとか。

またある時、東京-横浜間を1人で電車に乗ったそうですが、LINEで奥様(女優の乙黒えりさん)のサポートを受けながらも、移動に3時間掛かったそうですよ。

清塚さん曰く、奥様がいないとピアニストとしての活動もできていないというレベルだそうです。

ひたすらしゃべる

子供の頃は笑うことすら禁止されていた清塚さん。

大人になった今、しゃべりたい欲求が人一倍強くなりました。

例えば2時間の公演のうち1時間はトークしていたり、

芸人さんのいる飲み会に参加したときも芸人さんを差し置いて誰よりも一番しゃべっていたり。

英才教育のおかげで今の話力があるのだとすればこれは良い反作用ですね。

でも、それほどおしゃべりを我慢していたんだと思うと切ない…。

ケガを気にせずバッティングセンター通い詰め

幼少期に所沢に住んでいた清塚さんですが、ピアノ漬け生活だった子供時代の唯一の心の支えが西武ライオンズの活躍だったそうです。

それ以降、オタクレベルの西武ライオンズファンなんだそうで、試合のチェックはもちろんプロ野球ニュースまで全部チェックする熱の入れよう。

そしてピアニストとしては意外ですが、野球をプレーするのも大好きだそうで現在でもマイチにくらいの頻度でバッティングセンターに通っているんだとか。

怪我のリスクもある行為ですが、バッティングセンター通いが心のリフレッシュにもなり、良い演奏につながっているのだそうですよ。

ゲームオタクになる

子供時代は年に1回、コンクールでいい成績をおさめたときぐらいしかテレビゲームができなかったという清塚さん。

実はゲームが大好きだったようですが、できなかった反動がいまになって現れているようで、かなりのゲーマーになっているそうです。

私はゲームに詳しくないのでどのくらいの腕前なのか分かりませんが、好きでよくプレーしているというレベルではなくかなりゴリゴリにやり込んでいるくらいのレベルのゲーマーみたいですよ。

ちなみに清塚さんお気に入りのゲームの一つが「メタルギアソリッド」というゲームなのですが、

このゲームを通じて考えるようになったことは、「生まれ育った環境や、生まれ持ったものに文句を言っても仕方ない。それより、それをどう活かせるのか?」と考えることの大切さ。

引用: https://kokoro.mhlw.go.jp/ps/shinya_kiyozuka.html

だそうです。

清塚さんの口からこの言葉を聞くのはなんだか切ない。

そしてこの「メタルギアソリッド」が好きすぎて、このゲームのサウンドトラック制作を任されたそうです。

これはピアノだけをやっていたら出会えなかった仕事ですね。

さらに、清塚さんのゲーム愛は熱く、

時間が開けば5分でもゲーム実況動画を閲覧しているんだそうですよ。

「ゲームをやるな。見るな。」と言われない一流のピアニストになれてよかったですね。

結論:清塚信也のキャラクターは英才教育あってこそ

この投稿をInstagramで見る

清塚信也(@shinya_kiyozuka)がシェアした投稿

清塚信也さんはタレントとしても魅力的なキャラクターですが、お母さんの英才教育の反動で今の清塚さんの人格があるのだとしたら、いい意味でも悪い意味でも英才教育の影響はとても大きかったのだと分かります。

私なんかは普通の親なので、清塚家のスパルタ教育は子供がかわいそうだと思ってしまいますが、きっと清塚さんのお母さん「子供を何が何でもピアニストに」という意志を貫くことは並大抵なことではなかったと思います。お金だって莫大にかかりますしね。

関連:松下洸平 歌もピアノも絵もマジ上手い!動画あり

愛情の形はいろいろですね。

今、清塚さんやお母さん、ご家族が幸せでいることが何よりです。

エンタメ・ニュースカテゴリの最新記事

Scroll Up