動物番組「嫌い」「イラつく」理由はナレーション(アテレコ)

動物番組「嫌い」「イラつく」理由はナレーション(アテレコ)


Advertisements



動物が好きなのに動物番組が嫌い。そんな人が意外と多いんです。

実は私もその一人。

ではなぜ人々は動物番組を嫌うのでしょうか?




Advertisements



世間が嫌う動物番組はバラエティー系

現在さまざまな動物番組が放送されていますよね。

「動物を出せば数字が取れる」と業界で言われているとおり、動物番組は視聴率を稼ぐためのパワーツールなんです。

実際、かわいい動物の映像を見ていると癒やされますよね。

ですがそんなテッパンの動物番組がすべての動物愛好家にとって好まれているわけではありません。

最近よくある、カワイイ犬猫動画を紹介し、スタジオでタレントたちがワイワイ騒いでいるようなバラエティー系動物番組(民放系列が多い)は、とくに嫌われる傾向にあります。

具体的には

「S村動物園」や「S上どうぶつ王国」「どうぶつPス」などですね。

ではなぜこれらの番組が動物好きの人たちから嫌われるのでしょうか?

動物番組嫌いの人々の声

動物番組が嫌われる理由はアテレコや字幕の”カワイイ”強要

動物の気持ちをアテレコする手法は不評ですね。

また、動物をかわいく見せようと仕向ける演出を受け入れられない人もいます。

動物好きからすれば、動物は「無言」でも見ているだけで十分カワイイし癒やされるのに、無駄な演出をしてかわいいを強要するのは違うということではないでしょうか。

ちなみに私の場合は映像にのみ注目して、脳内でアテレコやセリフの字幕をシャットアウトしてます。

Advertisements



動物にストレスを与える企画が苦手

この投稿をInstagramで見る

Mikako Reina(@orangutan_017)がシェアした投稿

以下は私の個人的な動物番組が嫌いな理由です。

本来動物番組というのは、動物のあるがままの生体を見るのが面白いのであり、人間が演出した企画は不要だと思っています。

バラエティー系の動物番組は人間主導の企画が多すぎるところが苦手です。

例えば超高知能のチンパンジーにたいして、人間の洋服を着せたり、人間と街を歩いたり、ドッキリを仕掛けたり、いわゆる”特別なチンパンジー”として扱っていたかと思えば、繁殖期になったことを理由に人間との接触を制限し、他のチンパンジーとおなじ”動物園の展示動物”にするというのは完全に人間の都合ですよね。

また、人間不信の動物の心をケアする企画も立ち上がった当初はマメにコミュニケーションをとっていても、気がつくとフェードアウトしているものもあります。

これは人間不信の動物にさらにダメージを与えるのでは?と見ていて切なくなります。

それから、美味しそうなお肉を犬の目の前に置き我慢する様子をみて笑っているような企画も苦手です。

動物は普段とは全く異なる環境下(カメラや知らない人に囲まれる)に置かれるだけでもストレスなのに、さらに我慢をさせるなんて自分が犬なら拷問のようです。

こういうのを見せられるくらいなら、アンビリバボーなどの再現映像で動物と人間の”作り物ではない”絆の物語を見ている方がずっと有意義です。

リアルな動物番組が観たい

この投稿をInstagramで見る

𝑪𝒂𝒕𝒔 𝑪𝒍𝒖𝒃 🐈(@catssclub)がシェアした投稿

子供のころ「わくわく動物ランド」や「どうぶつ奇想天外」を見るのが楽しみでした。

今のようなカワイイ系の映像もあったけど、サバンナの弱肉強食やアマゾンの奥地にいる動物の生態系など、時には見るのも辛い映像もありましたが、見るたびに動物の新たな魅力に気づける楽しい番組だったと記憶しています。

当時の番組は、動物園での撮影もタレントの方が目立つような企画よりも、動物の生体が分かる実験を遠くのカメラからひっそりと撮影しているようなものが多かったと思います。

いまでもNHKやアニマルプラネット、ナショナルジオグラフィックチャンネルなどでは動物のリアルが学べる番組を見ることができますが、ゴールデンタイムの民放にこの手の動物番組は皆無ですよね。

民放は”知識を楽しく、おもしろく伝える”技術に長けていると思うのに残念です。

もしかすると捕食シーン等にクレームが入るのかもしれませんが、こういうリアルな映像こそ子どもたちに見てもらいたいなと個人的には思います。

子供は素直だから何でも柔軟に受け入れられるし、知識を増やすことが心の成長にもなるはずです。

むごいものよりカワイイものが喜ばれるのでは?というのは大人の都合です。

たしかにカワイイものの方が単純だしウケが良いのかもしれません。

ですが、それならYouTubeでいくらでもいつでも見ることができます。

それよりも子どもたちは未知の世界を知りたいのではないでしょうか?

小学生の間で(大人にも)「ざんねんないきもの事典」が流行したのも、彼らの知りたいという知的好奇心の現れだと思います。

ですからまたいつか子供の心を掴んで離さないような本気の動物番組を再び民放で作って欲しい。

そう願ってやみません。

ではでは。

エンタメ・ニュースカテゴリの最新記事

Scroll Up