JUST STOP OILとは怪しいエコテロ集団?ゴッホ モネ以外もある迷惑抗議活動動画

ニュース

JUST STOP OILとは怪しいエコテロ集団?ゴッホ モネ以外もある迷惑抗議活動動画

ゴッホの名画・ひまわりにトマトスープをぶちまける動画が話題になった、環境保護団体の「JUST STOP OIL」。彼らは何者なのでしょうか?JUST STOP OILの組織について調べてみました。また、数々の迷惑行為についてもご紹介します。


ゴッホのヒマワリにトマトスープを掛けた環境保護団体「JUST STOP OIL」ジャストストップオイル

2022年10月14日、ロンドンのナショナルギャラリーにおいて、ゴッホの名作「ひまわり」にトマトスープをぶちまけた女性二人が逮捕されました(ガラスカバーのおかげで絵画は無事。額縁に多少の損傷)。

彼女らはトマトスープをぶちまけたあと、手に接着剤を塗り、壁に手を押し付け、「芸術と生命どちらが大切か?」「芸術は生命よりも価値があるものなのか?」と叫ぶパフォーマンスを行いました。

また、この数日後に、違う若者2人がモネの絵画にマッシュポテトをぶちまけるという同様のパフォーマンスを行いました。

これらの一般人には少し理解しがたい行動は、世界の多くの人を唖然とさせたわけですが、同時に世界から注目されたのが、彼らのTシャツに書かれた”JUST STOP OIL”という文字。

「JUST STOP OIL」とは彼らが所属する環境保護団体の名称です。

では、JUST STOP OILとはどのような環境保護団体なのでしょうか?



関連記事:ギャルになりすましてデモ?!”選挙ギャルズ”メンバーの正体に驚き!

JUST STOP OILとはどんな環境保護団体なのか?

JUST STOP OIL(ジャストストップオイル)はイギリスの環境保護団体です。

ソーシャルメディアへの投稿は2022年2月頃から開始されており、まだ設立間もない団体です。

JUST STOP OILの目的は?

JUST STOP OILは、政府がイギリスでの化石燃料の探査や、開発、生産に関する全ての新しい認可と合意をすることを、確実にやめさせるために活動を行っています。

そして彼らは、再生可能エネルギーの推進と、エネルギー需要の削減を訴えています。

JUST STOP OIL の活動内容は?

絵画にトマトスープを投げたり、道路を封鎖したりといった街なかでのパフォーマンス(抗議活動)を行っています。

また、自分たちの考えを広く理解してもらうために、イギリス全土で週に20~30回のオンライン及び対面の公開ミーティングを行っています。

JUST STOP OILの活動範囲は?

原則、活動はイギリス国内各地で行っていますが、話題性のある抗議活動は国外でも行っています(最近ではデン・ハーグ(オランダ)のマウリッツハイス美術館にあるフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を利用した抗議活動を行った)。

JUST STOP OILは、アメリカやカナダ、スウェーデンなどのヨーロッパ各国の環境保護団体ともネットワークでつながっており、他国の参加希望者に対しては、その人の国にある環境保護団体に加入することを勧めています。

JUST STOP OILの活動資金源は?

JUST STOP OILの運営資金のほとんどは、アメリカ・ロサンゼルスに本拠に置く「Climate Emergency Fund」という基金からの助成金です。

JUST STOP OILの公式サイトでは個人からの寄付も募っており、その寄付金も活動に使われています。

JUST STOP OIL公式サイト

まさにエコテロ!ゴッホやモネ以外にもあるJUST STOP OILの抗議活動の動画&画像

JUST STOP OILの抗議活動をさらに見ていきましょう。

政府への抗議活動というよりも、ただの市民への迷惑活動・危険行為ともとれる、いわゆるエコテロリズム的な活動がたくさんありました。

モネの絵画にマッシュポテト

「ゴッホの絵画にトマトスープ」と並んで有名になった「モネの絵画にマッシュポテト」の動画です。

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」に坊主ボンドこすり&トマトソース

モネにつづくターゲットはフェルメールでした。オランダのデンハーグにあるマウリッツハイス美術館で、かの有名な「真珠の耳飾りの少女」を利用した抗議活動を行いました。

スキンヘッドの男性が頭に接着剤を塗り、絵画に頭を擦り付け、もうひとりの男性がスキンヘッドの男性にトマトソース缶をぶっかけています。

このように話題を集められる抗議活動の場合は、イギリス国外でも行います。

チャールズ国王の蝋人形にチョコケーキ

ロンドンにある蝋人形館・マダムタッソーにおいて、イギリスの権威の象徴であるチャールズ新国王の蝋人形の顔にチョコケーキを投げつけています。

「わたしたちの要求は”簡単”(=英語ではpiece of cake)だ!」と。なるほど、チョコケーキと掛けているわけですね…

絵画にボンドでくっつく&美術館に落書き

これは絵画にトマトスープやマッシュポテトを投げつけるより前から行っている、JUST STOP OIL定番の抗議活動の一つです。

”JUST STOP OIL”などの文言をスプレーで壁に落書きし、自らの身体にボンドを塗り、絵画の額縁にくっついています。

ロンドンの他にもマンチェスターやグラスゴーなどイギリス各地の美術館で、このパフォーマンスは行われています。

アビー・ロードでビートルズ風に交通妨害からの座り込み

ビートルズのアルバム「アビーロード」のジャケット写真の撮影場所となった横断歩道で、ビートルズのジャケットに似せたパフォーマンスを行いました。

この横断歩道はロンドンでも有数の観光スポットで、多くの観光客がビートルズの真似をして写真を撮る姿が見られる場所でもあるので、車が来ないうちにビートルズを真似るパフォーマンスを行うだけなら許容範囲ですが、問題はその後です。

彼らはその横断歩道に座り込んで交通妨害を続けました。

マンションハウス前の道路で交通妨害

彼らはロンドン市長官邸の「マンションハウス」に通じる各道路に座り込むという、交通妨害行為をたびたび行っています。

警察は見ているだけですが、もしかしたら時間と場所を申請したうえでの抗議活動だったのでしょうか?

しかし一般市民たちは、自分たちの生活が妨害されていることに耐えきれず、JUST STOP OILのメンバーに直接抗議を行ったり、メンバーを道路から引きずり出したり、メンバーに向かって空き缶を放つなどといった行動を起こしていました。

出廷・出頭拒否&裁判所と刑務所前で抗議デモ

抗議活動を行って逮捕されても法廷に出廷しない、刑務所に出頭しないことで政府への抗議の意思を示すのも活動の一つです。

「人々の将来よりも、化石燃料関連企業の利益を保護する法的手続きの正当性を認められないから」というのが彼らが出廷・出頭を拒否する理由です。

また、裁判所やメンバーが収監されている刑務所の前では抗議デモを日常的に行っています(この抗議デモも刑罰の対象行為です)。

建物にペンキをぶっかける

彼らは、国際温暖化政策財団や石油関連企業が入る建物や高級車(アストンマーチンやフェラーリ等)のショールーム、刑務所などの壁面にスプレーを大量に噴射するパフォーマンスも行っています。

まるでスプラトゥーンの世界ですね。

ガソリンスタンドを破壊

朝にガソリンスタンドにやってきて、ひとつひとつ給油ポンプを破壊する動画です。

道路封鎖でタンクローリーを妨害

石油備蓄施設の出入り口前の道路に座り込み、タンクローリーが施設に入るのを阻止する様子です。


紹介した抗議行動は彼らの活動の一部です。JUST STOP OILが抗議行動を始めた今年2月以降、毎日のように各地で上記のような行動を行っているのが現状です。

関連記事:人種差別抗議デモ #BlackLivesMatterってどんな意味?

なぜJUST STOP OILは抗議行動を行うのか?本人らも異常行動の自覚あり?!

なぜJUST STOP OILは抗議行動を行い続けているのでしょうか?

その理由が「人間の幸福と地球の健康に対する脅威である気候変動が、石油によってもたらされているという科学的根拠があるから」という考えです。


たしかに、地球環境について考えたり、環境汚染を行わないよう働きかけることは大切なことでしょう。とはいえ、多くの一般市民に迷惑を掛けてまで行う行動はいかがなもんでしょうか。

JUST STOP OILの抗議活動は非暴力をモットーに行われているとのことですが、物へ危害を加えたり、他者の生活に支障を及ぼすことに関しては罪悪感が無いのか気になりますよね。


実はJUST STOP OILのメンバー自身も(全てのメンバーがそうだとは限りませんが)、自分たちが行っている抗議の方法がまともではないと考えているようです。


JUST STOP OILのTwitterでは、抗議活動の際に市民から「これがまともな行動だと思っているのか?」と問われている映像とともに、このようなツイートしています。

いいえ。正常ではありません。受け入れられる行動でもありません。
私たちは、街頭で市民への抗議活動をしたくないんです。ですが、選択の余地はありません。
新たな石油とガスを止めなければ、飢饉や火事、洪水が頻発していまします。だから私たちは行動しているんです。

つまり、いま自分たちが行動しなければ重大な危機を迎えてしまう、という使命感で、あえて注目を集める手段を用いて急ピッチに抗議行動を続けているというわけです。

JUST STOP OILは怪しい?矛盾点を指摘される

数々のエコテロリズム的迷惑行為はさておき、正義感に燃えるJUST STOP OILの活動に共感する人もいるでしょう。

ですが、一部の評論家の間ではJUST STOP OILの矛盾点も指摘されています。

それは、彼らが仮想通貨による寄付金を受け付けているという点(ソース)。

仮想空間で行われる仮想通貨の取引は、大量の電力を消費するため、仮想通貨の取引が活発になればなるほど、地球環境に悪影響を与えるという指摘が以前よりなされていました(ソース)。

その仮想通貨を採用するのは、JUST STOP OILの主張に相反する行為ではないかというわけです。


他にも気になる点が…

ついでに筆者が個人的に感じた気になる点を4つほど述べさせていただきます。

  • ゴッホアタックの女性のどピンクのヘアスタイルはOK?(染髪の際にいかにもケミカルなカラー剤やシャンプーを大量に使ってそうだけど)
  • 撒き散らしたペンキは自然由来?洗浄には洗剤が大量に必要だから逆に環境破壊では?
  • アートと生命を天秤にかけているけれど、美術作品と接着剤で密着し隣にスプレーのメッセージを書く行為も、風刺的なアート表現と捉えられないか?
  • 人々の交通を止めるくらいだから、当然、自分たちが移動する際には、飛行機やバスや電車を利用しないんですよね?

もし仮に、自然由来のカラフルな塗料で街を染めて「石油を使わなくても人々の生活や心はこんなにも豊かにできるんだ!」という主張をするなら、もっと説得力が増す気はするのですが…。

JUST STOP OILは一生懸命だけど、矛盾点もある

以上、JUST STOP OILの正体や活動内容についてご紹介しました。石油やガスを再生可能エネルギーに置き換えるという情熱はよくわかりましたし、それを訴えること自体は全く問題ありません。

ですが抗議活動の内容には共感できないという人も少なくないのではないでしょうか?

仮想通貨の問題を指摘されているように、地球環境を第一に考えるわりには、環境汚染に直結する活動を行う点は、ヨットで大西洋を航って渡米し、その間に関係者3名が飛行機渡航していたことが明らかになったグレタ・トゥーンベリさんを彷彿とさせます。

環境保護活動といえば、その裏で大きなビジネスが動いているという話をたびたび耳にします。とくにここ数年の脱炭素やSDGsに絡んだビジネスはかなり盛り上がっているようですね。

JUST STOP OILの活動を応援するのも、批判するのも個人の自由ですが、目立った情報だけに飛びつくのではなく、色々な角度から知識を得て、私達ひとりひとりが環境について考えていきたいですね。

created by Rinker
¥1,540 (2022/12/06 01:25:59時点 Amazon調べ-詳細)

-ニュース
-, , ,

© 2022 ウラウラ+