おかいつ あつこお姉さん卒業!最終回あらすじ&挨拶全文 内容は?

エンタメ・ニュース 子育て

おかいつ あつこお姉さん卒業!最終回あらすじ&挨拶全文 内容は?

2022年4月2日。Eテレ「おかあさんといっしょ」で第21代うたのお姉さんを6年間務めた、あつこおねえさん(小野あつこ)が番組を卒業しました。あつこお姉さんの歌声に助けられ、元気をもらった現役子育て世代のお父さん・お母さんも多いことでしょう。

今回は、あつこお姉さん卒業の日(最終回)の「おかあさんといっしょ」の放送内容と、あつこお姉さんの”ごあいさつ”の全文をまるっとご紹介します。


おかいつ あつこお姉さん卒業の日(最終回)の放送内容あらすじ

あつこお姉さんの卒業の日の「おかあさんといっしょ」はスタジオライブ”ともだち”と、ごあいさつという構成でした。

今回のスタジオライブは”ともだちのうたをいっぱい歌う”のがコンセプト。

あつこお姉さんはピンクのドレスや赤のワンピースで登場。他のお兄さん、お姉さんもワイシャツやネクタイ、フォーマルなワンピースなど、いつもよりも華やかなファッションに身を包んでいました。

スタジオライブでは以下の6曲を歌唱。

  1. ビューティフル・ネーム
  2. まほうのくつ
  3. こんなこいるかな(あつこおねえさんソロ)
  4. ぼくときみ
  5. パフ(ゆういちろうおにいさんソロ)
  6. チャオチャオまたね(ガラピコぷ~の3キャラも登場)

『チャオチャオまたね』では、ガラピコぷ~の3キャラも登場しました。

♪チャオチャオまたね げんきでね わすれないよ わすれないでね
チャオチャオまたね いつまでも ともだちさ ともだちだもん♪

あつこお姉さんとガラピコぷ~からのサヨナラのメッセージのような選曲ですね。

最後は全員「バイバーイ」でスタジオライブは終了しました。

つづいて、月の歌『まほうのラララ』のミュージックビデオが流れます。

うたのコーナーのラストを『チャオチャオまたね』のさようならで終わるのではなく、”みんなともだち みんなうたおう”がテーマのこの曲で締めるところに子どもたちへの配慮を感じます。

場面は変わっていつものスタジオに。

あつこお姉さんのごあいさつと、新しいうたのお姉さん・まやおねえさんへのバトンタッチが行われました。

そしてこちらのコーナーにもガラピコぷ~の3キャラが登場し、最後はみんなで『べるがなる』を歌って賑やかに番組が終了しました。

以下はあつこお姉さんのごあいさつ全文から、番組エンディングまでの詳細です。

関連記事:”まことお兄さん画伯”の絵心に驚愕!おかあさんといっしょ

あつこお姉さん卒業の挨拶全文&まやおねえさん初登場の挨拶からエンディングまで

あつこお姉さん(以下あつ)

「あつこおねえさんから みんなにお話があります
あつこおねえさんは 今日で おかあさんといっしょを卒業します
今まで みんなと一緒に たくさんうたが歌えて ほーんとに楽しかったよ
みんな ありがとう!!
さぁ 来週からは新しいうたのおねえさんが登場しますよ
さっそく紹介するわね
まやおねぇさーん!」

(まやお姉さんが登場)

まやお姉さん「はーい!
はじめまして ながたまやです
おねえさんは うたとおどりがだぁーいすき
みんなと一緒にうたえるのを とっても楽しみにしています」

あつ「楽しみねぇ~」(二人で頷きあう)

あつ「まやおねえさんと あつこおねえさんは もう仲良しなのよ
みんなも まやおねえさんと おともだちになってね
みんな ほんとうにありがとう 元気で また会いましょうね!!」

(ゆういちろうお兄さん、まことお兄さん、あづきお姉さん登場)

『あおうよ!』歌唱(この曲はあつこお姉さんのデビュー曲)

ラストフレーズ ♪あおうよ! また みんな♪ は、あつこお姉さんのソロ

(チョロミー、ムームー、ガラピコ登場)

『ガラピコぷ~』歌唱

チョロミー(以下チョ)「ねぇねぇ おにいさん おねえさん
チョロミーとも ずっとおともだちでいてね」

ゆういちろうお兄さん(以下ゆう)「もーちろん!」

ムームー(以下ムー)「ぼくもー」

ガラピコ(以下ガラ)「わくしも」

ゆう「みんなとは これからも ずーっと ずーーーっと おともだちだよ」

全員「やったー!」

あつ「約束のしるしに 最後は『べるがなる』を
みーんなでうたって お別れしましょ!」

ガラ「テレビの前のみなさんもご一緒に」

ムー「さいごは…」

全員「べるがなる」

『べるがなる』歌唱

うたの間奏

チョ「みんなもずーっと おともだちだよ」

ムー「みんな 大好きだよ」

ガラ「しずく星でまた遊びましょう」

チョ・ムー・ガラ「まってるよー!」

あつ「みんなに会えて ほーんとうにうれしかったよ
またうたいましょうねー!」

うたのラスト

あつ「それじゃあバイバーイ」

チョ・ムー・ガラ「まったねー!」

最後はもちろん涙なし。笑顔でお別れでした。

苦難に時期に輝いていたあつこお姉さん

あつこお姉さんは、うたのお姉さん在任期間歴代1位タイ(8年)のたくみお姉さんからのバトンタッチでした。当時のたくみお姉さんは人気、知名度ともに横綱級だったので、後任のあつこお姉さんのプレッシャーは相当だったでしょう。

そのうえ翌年には、うたのお兄さんのレジェンド・だいすけお兄さんが卒業。さらに2年後には体操のレジェンド・よしお兄さんと、身体表現のりさお姉さんも卒業し、お兄さん・お姉さんの中で最も先輩の立場に。

加えて最後の2年間は新型コロナウイルスの影響でスタジオに子供を迎えられない中での収録。

あつこお姉さんの在任期間は、長い『おかあさんといっしょ』の歴史の中でも、稀に見る激動期だったのではないでしょうか。

とくに無観客での番組作りは、下手すると子どもたちの”おかいつ離れ”を招きかねないピンチだったでしょう。ですが、『おかあさんといっしょ』が今のスタイルのなっても愛され続けているのは、あつこお姉さんを筆頭に、お兄さんお姉さんたちが、毎日テレビの中から変わらない笑顔で、子ども(と親)の不安な心をほぐしてくれたからこそです。

あつこお姉さんはコロナ禍のなかで多くの親子を救っただけでなく、これから生まれるたくさんの子どもたちのために『おかあさんといっしょ』の未来をつなげてくれた救世主として今後も感謝され続けるのではないでしょうか。

あつこお姉さん、6年間お疲れ様でした。わが子も少しの期間ですがお世話になり、ありがとうございました。今後のさらなるご活躍をお祈りしています。

関連記事:おかいつ”にらめっこ”の変顔が本気過ぎると話題

-エンタメ・ニュース, 子育て
-,

© 2022 ウラウラ+