「恥ずかしい」日本に敗戦し怒るスペイン人【海外の反応】

サッカー

「恥ずかしい」W杯日本代表に敗戦し怒るスペイン人【海外の反応】

2022年12月2日

2022年サッカーワールドカップカタール大会グループリーグE組の第3戦で、優勝候補の一角・スペインに日本がまさかの2-1で勝利し、見事ベスト16に進出しました。

日本が大金星を挙げたことで予選リーグの結果は1位日本、2位スペインに。この歴史的な日本の勝利に、世界からは祝福や称賛の声が相次いでいます。

では、対戦国スペインは、この試合をどのように見たのでしょうか?

スペイン人の反応をご紹介します。

関連記事:2022W杯 日本がドイツに勝利!スペインの反応は?


日本がスペインを2-1で撃破し決勝トーナメント進出!スペインメディアは驚愕

日本代表は現地時間12月1日、カタール・ワールドカップ・グループE 第2節でスペイン代表と対戦した。

試合は前半に先制点を許したが、後半に堂安律と田中碧のゴールで逆転。2-1と見事な逆転勝利を収め、首位で決勝トーナメント進出を決めた。

この劇的な試合をスペインメディア『AS』が報道。「前半終了までは勝ち抜けが予想されていた。しかし、後半は悪夢のような展開で敗戦」と試合を表現した。

「日本のパフォーマンスは信じられない。百聞は一見にしかず。結局、我々はドイツに救われたのだ」 「これが日本の特徴。予測不可能なのだ。ドイツとスペインを破り、コスタリカに敗れて予選1位通過。そしてきっと、ベスト16の相手がブラジルだったら、彼らもノックアウトしていたことだろう」

この結果、グループEからは日本とスペインが決勝トーナメント進出。日本は12月6日にクロアチア、スペインは7日にモロッコと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/76252aee47a675a9d1bb3097b9b38370cb4f7dff

世界各国も、日本国内でも下馬評ではスペインが圧倒的に有利と言われていましたが、それを覆したサムライブルーは素晴らしかったですね。

同時開催のドイツ対カタール戦では、ドイツが勝利したものの、一時期は同点になったり、カタールが逆転したりとグループ内の全てのチームが勝ち抜けと敗退の狭間に置かれる時間があり、非常に手に汗握る試合でした。

そんな中で、ワールドカップ元王者のドイツに勝利したのに続き、同じく元王者のスペインにも勝利してみせた日本に対し、スペインメディアからは驚きの声があがっています。

とはいえ、日本の勝利をただの”奇跡”として扱うのではなく、きちんと実力を評価し、称賛してくれるのは嬉しいですね。

では、日本対スペイン戦を見ていた、スペイン国民たちは、この試合の結果をどのように捉えているのでしょうか?

関連記事:サッカー選手なぜ試合中に唾(つば)を吐く?3つの理由に納得

スペイン人は批判の嵐!2022W杯グループリーグ日本対スペイン戦の反応

つづいては日本に敗戦したスペイン人の反応をご紹介します。以下のコメントは、スペインの大手スポーツメディアMARCAのコチラの記事へ寄せられたものを抜粋し和訳したものです(意訳ご了承下さい)。


・スペインが負けてるのに横パスしかしないのに不満を感じないか?

・好むと好まざるとにかかわらず、オリベル&ベンジ(キャプテン翼)は日本サッカーの成長に大きく貢献したね

・ドイツ人よ、スペインのために犠牲になってくれてありがとう!ハハハ!真面目な話、(今日の試合は)スペインの1試合目(対コスタリカ7-0勝利)でよだれを垂らしていた、自分を含む多くのスペイン人を我に返さしてくれたよ。後半はスペインにとって信じられないほどフィルな状況だった。閉ざされた守備へ攻撃を仕掛けるためには修正しなければならなかったけれど、日本の2ゴールでゲームが決まった。2本目の日本のゴールはボールが丸ごとラインの外に出る瞬間があったから控えめに言っても奇妙だけども。とはいえ、この良くない結果は、我々にとっては悪くない。地に足つけて、奢らないでいこう!エラーを見つけて修正だ!

・代表に招集されることの”メリット”を示したバルデ

・(次戦)モロッコVSスペイン ダービーがやってくるぞ!
※スペインとモロッコはジブラルタル海峡を挟んだ隣国。1859-60年にはスペイン・モロッコ戦争が起こった。近年は、領土問題やモロッコからの移民問題などもあり関係が良好とはいえない。

・試合中のある時点では、グループ内の4チーム全てが敗退、またはラウンド16への出場権を獲得していた。すごい。

・こういった短いトーナメントでは、各ゴールには金の価値がある。

・揺るぎない真実がある。スペインが失点した3つのゴールには名前がある。それはバルデだ。

・バルデはザルだ。もうプレーしないでいい。

・ひどい試合だった。最近少し現実ひ目を向けられるようになったよ。いつものように多くの時間ボールを保持したものの、危険をほとんど引き起こせずに対戦相手のカウンターに苦しんだ。ラッキーなことにドイツが勝利し、幸いにもラウンド16に進める。もう一つのワールドカップの始まりはまさに今だ。行くぞ!!

・ドイツに感謝しよう。それにしても日本には脱帽だよ。2点目のゴールでどれだけボールが出てたとしても、このようなプレーをすると、モロッコにやられるぞ。



・1勝1分1敗で僕らが優勝候補だって?!笑える

・数週間前にも話したけど、我々が口を閉じることを学ぶのかどうか見てみようじゃないか。ドイツがたまたまスペインを救ってくれたんだ。もっと謙虚になって、他者をリスペクトしないと。

・バルデは非常に優れたウィンガーになる素質を備えている…だけど、このワールドカップではもうプレーさせないで欲しい。ジョルディ・アルバにプレーさせてよ。

・明らかになった2つのこと:アスピリクエタとジョルディ・アルバは90分間プレーさせなければいけない。ペドリですらボックスから40mのところではプレーできない。

・スペインは賢かった。彼らはブラジルを恐れて試合に負けたんだ。

【海外の反応】W杯ベスト16 日本PK惜敗に称賛!クロアチアの反応は?

・ドイツは負けなかったことでスペインを救い、スペインは負けたことでドイツを攻撃した。

・このゴールキーパーとスピードのないMFでどこへ行こうっていうんだ???

・前半全体を無駄にして、自陣で50,000回のパスを回すとこういうことが起こるんだ。この世代の偉大な才能をいかにうまく使うか。スペインにはゲーム実況のストリーマーではなく、本物のコーチが必要だ。

・全てにおいて恥ずかしい。ストライカーがいない。タッチしてタッチして、そしてまたタッチ。

・サウジアラビアに負けたアルゼンチンとメッシを笑った人らはどこにいるんだ?

・ボールロストマシン・ペドリ。

・スペインの若手チームに何を期待しているの?彼らは非常に優れているけど、このタイプの試合に必要な経験がない。

・悲惨な試合。ポゼッションが多いといっても、全てパウ、ペドリ、ロドリ、ブスケツそしてウイングの間で回しているだけだし、非常にフラットなフットボールだった。ブスケツは圧倒されていたし、ウナイ・シモンは自信をなくしていた。パウ・トーレスも然り。ダニ・オルモは”良い”ではなく”普通”の選手。ルイス・エンリケの交代策も悪い。負けている状況でモラタを外した。要するに、こんなプレーをしているとベスト16を通過することさえ非常に厳しい。

・ペドリはトランクだ。ドリブルの方法を知らない。ゴールを決めない。アシストも与えない。彼は荷物同然だよ。

・シュートを打たないのなら、4億回のパスと80%のポゼッションに何の価値があるというのか?

・スペイン対ブラジルが見たかったのに、モロッコに負けました。

・それにしても、何に満足すればいいんだ?まったくくだらない。過去20年間で最弱のドイツには勝てないし、日本には5分間でやられてしまった。何よりも最悪なこと?それは悲惨なディフェンスだよ。

・ばかげている。99%のポゼッションで負ける100%バルサ。ディフェンスを打開するリソースは0。トラクター並のスピードの遅さ。そして1失点目のGKの失敗。さらにラインを出たのに盗まれた2失点目。自分たちはもう、できることを全てやったという嘲る気持ちが高まってきているよ。


・多くのテクノロジーを用いて検証した日本の2点目のゴールはなんか奇妙な香りがする…とは言え、スペインがランクインして嬉しい。当然のことだ。

関連記事:2021アクエリアスCMのイケメン三笘薫って誰?演出に批判も


・我々は懸命にプレーしたけど、日本の不正ゴールについては語られていない


・日本が5分間で簡単にゴールを決めた。


・コスタリカに勝ち、ドイツに引き分け、日本に負けたけど、我々のチームは世界一だ。


・日本人が泣きながら予選を通過を喜ぶ姿を観るのが大好きだよ。 喜びに満ちた顔を見るのは素晴らしいし、子供時代にオリベル&ベンジを僕に与えてくれた国だということは、もっと素晴らしいね。


・今日、ポゼッションの欺瞞が暴かれ、眠りについた私は目を覚まし、日本はゴールを決めた。


・日本対コスタリカ戦のあと、PCのモニターをパンチで壊したわ。


・コスタリカを 7-0 で下したときにはスペイン人が成長し、すでに優勝だと思っていたのに、日本に敗れ、ドイツのお陰でベスト 16 に進出したのを見るなんて。楽しいねハハハ…。


スペインは敗戦当事国なので、日本代表への称賛コメントよりも、自国の代表への批判が圧倒的多数でした。

初戦の対コスタリカ戦で7ゴール完勝という最高のスターを切ったぶん、余計に日本戦の戦い方に不甲斐なさを感じたのではないでしょうか(日本がうまく対策をしていたからスペインが機能しなかったとも言えるわけですが)。

日本の2点目のゴール前のプレーについては、真上からの画像が正当性を証明しているので、スペインメディアがきちんと取り上げてくれることを願うばかりです。

そして試合前には、スペインでは2位狙いを推奨するメディアもいましたが、やはりスペインほどの強豪国ともなると、敗戦は国民が許さないようですね。筆者がチェックした範囲では「ベスト8でブラジルを避けられてラッキー」というコメントはごくごく稀にしか見当たりませんでした。

次戦、スペインは隣国ダービーの対モロッコ戦。激アツですね。

なによりスペイン人をこんなにも悔しがらせた日本代表が誇らしいです。さらなる高みへ!がんばれ、日本!

関連記事:2022W杯 日本代表宿泊ホテルは四つ星高級ホテル☆内装画像をご紹介!



-サッカー
-, , ,

© 2023 ウラウラ+