若葉竜也の出身 チビ玉三兄弟と大衆演劇”若葉劇団”の現在は?

エンタメ・ニュース

若葉竜也の出身 チビ玉三兄弟と大衆演劇”若葉劇団”の現在は?

現在朝ドラ「おちょやん」で小暮助監督役を演じている若葉竜也さん。

まだ知名度は高くはありませんが、その演技力でNHKをはじめとする多くのテレビドラマや映画に出演しておられます。

そんな若葉竜也さんは実は大衆演劇の子役出身。当時は兄弟で”チビ玉三兄弟”として全国から脚光を浴びていました。

若葉さんを生んだ劇団「若葉劇団」の今と、チビ玉三兄弟のメンバーの現在について調べてみました。


若葉竜也はチビ玉三兄弟だった

NHKの朝ドラ「おちょやん」に出演中の若葉竜也さん。

若葉さんは1989年6月10日生まれの31歳ですが、実は芸歴がとても長いんです。

というのも、若葉竜也さんは4歳から大衆演劇「若葉劇団」の子役として役者をしていたのです。

画像真ん中が若葉竜也さんです。

4~5歳くらいかと思いますが、今も当時の面影がありますよね。かわいい!

関連記事:今思うと超豪華ドラマ!「六番目の小夜子」松本まりか 栗山千明 山田孝之らの子役時代

若葉劇団とは?

若葉劇団は若葉竜也さんの祖父・若葉しげるさんが立ち上げた劇団です。

祖父の他にも、父の若葉愛さん、そして若葉竜也さんとご兄妹(兄二人、弟・妹各一人)も団員として参加。

若葉竜也さんは物心ついたときには舞台に立つのが当たり前という日々を過ごしてきました。

若葉劇団には男子が女方を演じるという絶対条件があり、若林竜也さんも4歳の頃から、2人のお兄さんとともに女方を演じる子役兄弟”チビ玉三兄弟”として注目されていました。

日本中を沸かせたチビ玉三兄弟

チビ玉三兄弟について少し詳しくご説明します。

チビ玉三兄弟は平成5年頃に誕生しました。

メンバーは当時11歳だった長男の若葉紫さんと、9歳だった次男・若葉市之丞さん、そして4歳だった三男の竜也さんでした。

幼い三兄弟が厳しい鍛錬を積みながら、華やかな舞台で活躍する姿が情報番組で取り上げられると、チビ玉三兄弟はまたたく間に人気者となり、フジテレビの「金曜エンタテイメント」では彼らのドキュメンタリーがシリーズ放送されるほどでした。

そんなちび玉三兄弟は長男・紫さんが副座長就任を期に脱退したのに代わって、四男・克己さんが加わり”新星・チビ玉三兄弟”となりました。

そして、末っ子で長女の実花子さんも含めた若葉五兄弟は若葉劇団の名物となりました。

ちなみに若林竜也さんはチビ玉時代を振り返ってこう語っています。

小学3年生ぐらいまでは、誰もが演劇のようなものをやっていると思い込んでいたんです。でも、友だちが特に稽古をしないことが分かり、「自分の家庭環境が特殊」だと分かりました(笑)。だから、それ以降、将来は役者以外になりたいと思っていましたね。それは親に対する反発心でもあって、「セリフを覚えて、それを人前で言うことって、おかしいでしょ?」という意識も持つようになりました。(中略)密着取材は、親に怒られて泣いているところや、恥ずかしくて他人に見られたくないところを撮影されて、それに対して、とにかく嫌悪感を持っていましたね。

引用:https://crea.bunshun.jp/articles/-/22329

関連記事:二世女優・杉咲花デビューのきっかけは?親の力はあった?

”チビ玉”の意味とは?

ちなみにチビ玉三兄弟の”チビ玉”の意味についてですが、

誕生のきっかけは昭和59年にさかのぼります。

当時、若葉劇団の子役だった白龍光洋さん(11歳)を、座長のしげるさんが「チビっ子玉三郎」と名付けたことが始まりです。

「チビっこ玉三郎」は、当時の女方の名優であった坂東玉三郎さんにあやかったのだそうです。

それを略して”チビ玉”となったわけですね。

若葉劇団の現在は?

チビ玉三兄弟で一世風靡した若葉劇団の現在について調べてみました。

若葉劇団は若葉しげるさんから愛さんに座長を代替わりしました。

その後若葉五兄弟は、平成12年(2000年)3月をもって祖父の若葉しげるさん・愛さんと離別します。

そして、長男若葉紫さんが座長となり、新星若葉劇団が立ち上がりました。

新星若葉劇団はその後、チビ玉三兄弟の全国公演などを行い精力的に活動していまいしたが、5兄弟の進路や方向性の違いが理由で2011年の「原点」及び「転生」公演をもって活動休止となりました。

チビ玉三兄弟(若葉五兄弟)の現在は?

チビ玉三兄弟(若葉五兄弟)は現在どのような活動をされているのでしょうか?

三男の若林竜也さんは皆さんご存知の通りテレビや映画を舞台に俳優として活躍されています。

他の4人の兄弟について調べてみました。

長男・若葉紫の現在は?

若葉紫さんは現在も大衆演劇の役者としてご活躍中です。

新星若葉劇団活動休止後、再び父親・若葉愛さんが座長を務める若葉劇団の団員として活動されています。

また9歳からはじめた津軽三味線で2009年に名取(村上豪悠)を取得した紫さんは、津軽三味線奏者としても活動されているようです。

次男・若葉市之丞の現在は?

若葉市之丞さんは現在プロダンサーとしてご活躍中です。

TAKAHIROさんなどアーティストのライブバックダンサーを務めたり、振付師としても活動されています。

SNSでダンス動画公開も。

四男・若葉克実の現在は?

若葉克実さんは新星若葉劇団の活動と並行して子役としてテレビドラマにも出演されていました。

2007年に放送された連続ドラマ「探偵学園Q」には神木隆之介さんや志田未来さんらとともに主要キャストとして出演。鳴沢数馬という天才ゲームプログラマー役を演じました。

ちなみにこのドラマには兄の竜也さんもゲスト出演しています。

しかしその後は俳優としての活動の情報が見当たりませんでした。

当時の所属事務所フロスツゥーにも名前が見当たらないため、芸能界から引退された可能性が高そうです。

長女(末っ子)・若葉実花子の現在は?

末っ子で長女の若葉実花子さんの活動について調べてみたのですが、2011年の新星若葉劇団の活動以降の情報は見当たりませんでした。

おそらく現在は一般人になっておられる可能性が高いと思われます。

関連記事:「おちょやん」みつえはナゼ”いとさん”? ”ごりょんさん”の意味も

created by Rinker
¥300 (2021/10/11 21:49:08時点 Amazon調べ-詳細)

-エンタメ・ニュース
-, , , ,

© 2021 ウラウラ+