倉沢ケイナは芸能人?年齢,身長,大学は?モデル事務所に入ってる?

エンタメ・ニュース

倉沢ケイナは芸能人?年齢,身長,大学は?モデル事務所に入ってる?

元わらべでタレントの倉沢淳美さんの娘ケイナさんはオーストラリア人の父親をもつ日豪ハーフで、テレビに登場するたび注目を集めている美人さんです。

芸能人と並んでも引けを取らない、ちょっとミランダ・カーに似たルックスの彼女ですが、モデルなどの芸能活動をしているのでしょうか?

年齢や身長などのプロフィールとあわせて、彼女の活動についてご紹介します。

倉沢淳美の娘・ケイナちゃん(Kayna)のWiki風プロフィール

倉沢ケイナのプロフィール

名前ケイナ ⁄ Kayna
生年月日1999年1月5日(2020年7月現在 21歳)
出身地シドニー(オーストラリア)
身長160cm
趣味写真撮影、スケボー
特技歌、ダンス、水泳
言語日本語、英語、フランス語
学歴2017年9月~トロント大学在学中

倉沢ケイナさんはオーストラリア・シドニーのゴールドコーストで幼少期を過ごし、12歳のときにオーストラリア人の父親の仕事の関係でUAEのドバイへ移住し、高校時代までをドバイで過ごします。

そしてカナダのトロント大学へ進学し、2017年から単身カナダのトロントで暮らしています。

ちなみにトロント大学は世界の大学ランキングTOP20前後にランクインするカナダ屈指の名門大学です。ケイナさん、優秀なんですね。

関連:GTO生徒ナナコ役 希良梨の現在!夫は台湾人で息子はハーフ

倉沢ケイナはタレント?芸能界入りしてる?

ケイナさんはこれまでに何度か日本のテレビに出演していますが、芸能人なのでしょうか?

ケイナさん自身がインスタグラムなどのSNS以外で積極的に情報を発信していないので、あくまでも母親が芸能人である一般の女の子なのだと思っていたのですが、芸能事務所に所属しているようです。

ケイナは母・倉沢淳美と同じ芸能事務所所属

ケイナさんは母親の倉沢淳美さんと同じ芸能事務所「リバティーハウス」に所属しています。

つまりケイナさんは芸能人ということですね。

リバティーハウスは東京にある事務所で、タレントのマネージメントの他、テレビ番組の企画制作やコンサートの企画制作、著作権管理などをしている会社です。

所属タレントはドバイ在住の倉沢淳美さんと、トロント在住のケイナさんだけなので、番組の企画制作などがメインの事務所だと思われます。

倉沢ケイナはモデルにならないの?過去の芸能活動内容まとめ

ケイナさんは2013年からテレビ出演を開始していますが、これまでの主な出演番組は以下のとおりです。

世界の日本人妻は見た!(TBS)/誰だって波瀾爆笑(日テレ)/ノンストップ!(フジTV)/人生が変わる1分間の深イイ話(日テレ)/火曜サプライズSP(日テレ)/みんなのニュース(フジTV)/世界トラブる劇場特番(TBS)/爆報!THEフライデー(TBS)/今夜くらべてみましたSP(日テレ)/直撃!シンソウ坂上(フジTV) 

こうやって見てみると、テレビ出演といっても倉沢淳美さんの海外生活を特集するバラエティ番組に娘としてセット出演しているものばかりで、本格的な芸能活動は行っていないようです。

もしかしたら、家族を特集する番組出演はOKだけど、個人の芸能活動よりも学業が優先というようなご家族の方針があるのかもしれませんね。

関連:紅蘭のセレブな高級車の資金源が意外!本業はダンサーでも2世タレントでもなかった?!

将来はモデル?それとも・・・

現在は大学生として生活しているケイナさんですが、日本でもじわじわと認知度を上げていますし、この美貌で芸能界が放っておくわけがないでしょう。

ご本人が全く希望していないのなら別ですが、芸能事務所に所属しているということは、日本の芸能界に対して少なからず興味があるのではないでしょうか。これまでのテレビ出演がケイナさんの宣伝という意味もあったのだとしたら、彼女の芸能界進出の可能性は十分にありえると思われます。

ケイナさんは20代前半で、ハーフで小顔でスタイルも抜群ですから、モデルとしての活躍もありえるでしょう。160cmと身長は小柄なので国際的なモデルとして活躍するのは難しいでしょうが、日本のファッション誌であればそれくらいの身長の方もモデルとして活躍していますよね。

関連:冨永愛の息子の現在画像!長身イケメンに成長中

さらに妄想が飛躍しますが、トリリンガルでインテリでオリエンタルな美貌を兼ね備えている彼女にはモデル以上の活躍の場があるかもしれません。例えばハリウッド進出とか???

ですが子供の頃からすでに、同世代の芸能人よりも何倍もセレブな生活を送ってきた彼女ですから、わざわざ日本の芸能界であくせく働く必要性を感じていない可能性もあります。

このまま日本で知名度をあげていって、ドバイやカナダでインフルエンサーとして暮らす方が現実的かもしれません。

-エンタメ・ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 ウラウラ+