横浜流星は超ファン思いでファンサービスも神レベル!

エンタメ・ニュース

横浜流星いい人すぎ!優しくてファンサービスが神レベル!

2020年6月10日

クールなイケメン俳優、横浜流星さん。

ルックスも良く、演技も上手く、運動神経も抜群で、真面目で、長所しか無いと言っても過言ではない俳優さんですが、ファンを虜にしているのはそれだけではありません。

横浜流星さんはファンサービスも「神レベル」なんです。

アイドルもビックリのファンサをする横浜流星

横浜流星さんの沼は底なしのようです。

横浜流星さんの作品を見てファンになったら最後、次は彼のファンサービスのすごさでとどめを刺されてどんどん深い沼に沈んでいってしまうんだとか。

では、横浜流星さんのファンサービスってどんなにスゴイのでしょうか?

関連:横浜流星は料理が上手い?4マリで手際の良さが際立つ

横浜流星のファンサまとめ

横浜流星さんの過去のファンサービスを、ファンの方のSNSへの書き込みや映像などから集めてみました。

トッキュージャーと言えばデビューして2年くらいですね。きっと当時は舞台挨拶の経験もまだ少なかってのでしょうが、それでも子供へのファンサービスに夢中になってたんですね。想像するだけで微笑ましい。

関連:志尊淳がめっちゃいい匂いらしい…愛用の香水は?

映画のPRでサプライズで原宿に登場したときには、手をふる人ひとりひとりと目を合わせるかのように全方向に向かって丁寧に手を降っていたそうです。

上の動画を見てもわかると思いますが、トークをしながら人でごった返す竹下通りを歩くというイベントで、杉野遥亮さんや上白石萌音さんはなんとかトークを繋げないとというところに意識が集中していたように思われますが、横浜流星さんは一番冷静に、周囲の人に手を降ったり声をかけているのが印象的です。

やはりトッキュージャー時代に多くのファンと直に交流した経験が大きいのでしょうか。

この時期は「はじこい」で大ブレイクした無敵ピンク時代です。当時もっとも注目が集まっていた若手俳優にそんなファンサービスをされちゃあ、否が応でも惚れちゃいますよね。

「はじこい」のロケ現場でのエピソード。
車からハイタッチということは”車を止める→窓を開ける→手を差し出す”この全行程を経ないければいけないわけですよ。

多忙で疲れもあったはずなのにこのファンサービス。頭が下がります。

関連:深キョンが結婚しない理由!恋愛観や好きなタイプで判明

横浜流星さんのファンとの握手会はファンサの真骨頂。
一人あたりの持ち時間は2~3秒と短いものの、両手で握手して、ファンの目をじっと見て会話してくれます。
「〇〇って言ってください」などリクエストを言えば、名前を呼んでくれたり好きだよと言ってくれたりとあらゆる要望に応えてくれるそうです。

そして次は伝説の神ファンサ

いただきました!ハイブリッド壁ドン!!

壁ドンからの引き寄せーの耳元で「好きだよ。」
ファンの方が「もう十分」というリアクションをしているにも関わらず、「大丈夫、大丈夫」ともう一度壁ドンをしようとしていますよね(どんだけ乗り気?!)。

舞台挨拶の一企画としてファンサービスをするのは当然としても、本来なら横浜流星さんが普通の壁ドンやってくれるだけでも十分に事件なのに、この濃厚な壁ドンですよ。私なら腰を抜かすかも。

こちらは映画「チア男子」の完成披露試写会のようすです。

客席のファンからの声掛けに全て笑顔で答える横浜流星さん(本当は答えなくてもいいのに)。
ライブビューング用のカメラに向けても一番目線やサービスをしてくれたのは横浜流星さんだったようです。

関連:横浜流星 ”ほうれい線えくぼ”と笑顔がかわいい!顔相は恋愛運抜群!?

東京ガールズコレクション(TGC)のランウェイでのファンサービスもすごい。

とにかく普通に歩いている瞬間が全くありませんね。全てファンサービス。
手を振り続けて、はじこい”ゆりゆり”の舌ぺろ決めポーズに、バーン!に指ハート。歩き終えたあとにさりげなく一礼するのもかっこいいですね。

ジャニーズのコンサートのようだと絶賛する人も!

SNSでのファンサもスゴイ

横浜流星さんはインスタグラムを開設しているのですが、こちらでもファンサービスをしてくれています。

決して更新の多いインスタでもないし、内容は活動を宣伝するものが中心なのですが、毎月初めにはかならず「#○月生まれの方 #誕生日おめでとう #素敵な年になりますように」というタグをつけてくれます。

横浜流星にとってファンの存在とは?

ファン思いの横浜流星さんですが、彼はファンについてこのように語っています。

「(ファンについて)それが一番かもしれない。誰のために頑張ってる?って言われたら、自分のためじゃなくて、ファンの人だと思う。」

カッコイイですね。”ファンが一番大事”と言うだけなら簡単ですが、本当にそう思って行動している横浜流星さんは内面も正真正銘の男前です。

そしてファンサービスについては

イベントに当たらなかった方もいるし、来てくださった方もすごく大きな歓声をくれるので、みなさんに応えたいという気持ちがあって。たまに調子に乗って、応えすぎてしまうこともあるんですけど(笑)。極力、来てくれた方が良い時間を過ごせるようにと思っています。

https://news.mynavi.jp/article/20190508-yokohamaryusei/

その場に来られなかった人たちのことまで考えて行動しているんですね。ファン冥利に尽きる言葉です。

横浜流星さんは若くしてブレイクし、順風満帆のように思われがちですが、実はトッキュージャー出演以降、低迷した時期もあり苦労されています。

だからこそ、支えてくれるファンのありがたみを感じているのかもしれませんね。そしてなにより優しい方なのでしょう。

-エンタメ・ニュース
-, , , ,

© 2020 ウラウラ+