『ミーガン』人形の中の人 子役エイミー・ドナルドのダンス経歴と実力がスゴイ!

エンタメ

『ミーガン』人形の中の人 子役エイミー・ドナルドのダンス経歴と実力がスゴイ!


人間そっくりのAI人形が暴走するサイコ・スリラー映画『ミーガン』。チャイルドプレイを超えるとも言われている全米大注目のヒット作が日本でも公開されます。

『ミーガン』人気の火付け役となったのが、AI人形M3GANの不気味なダンスシーンでした。

そこで、この記事ではM3GANを演じた”中の人”で子役のエイミー・ドナルドの経歴やダンスの実力、そして映画撮影時の裏話もご紹介します。

映画『ミーガン』のダンスが不気味と大バズリ

両親を失った少女ケイディを励ますために与えられた”おともだち”AI人形のM3GAN(ミーガン)。M3GANは「ケイティを守る」というミッションに忠実なあまり、暴走殺人マシーンと化していきます。

M3GAN(以下ミーガン)の怖さを引き立てているのが、美しく冷淡な表情と、それとはミスマッチなクネクネとしたダンスです。

本国アメリカでは、ミーガンのダンスが映画予告編で披露されるやいなや、その不気味な映像が大バズリしました。



関連記事:ネタバレ無「パラサイト」PG12はなぜ?子供に見せられないシーンとは?

ミーガンのダンスはCGではない!中の人(子役ダンサー)が踊っていた

一見CGにも見えるミーガンの不気味でいびつなダンスですが、実はこれはCGではなく、ミーガンの”中の人”が実際に踊っていたんです。

ミーガン役を演じたのが、子役のエイミー・ドナルド。

下の動画はミーガンのダンスシーンを撮影に臨んでいるエイミー・ドナルドの様子です。

正真正銘ミーガンダンスですね。

ミーガンの表情や動きをCG合成処理しやすくするために、撮影中はミーガンのマスクや手袋を装着しています(このマスク、CGよりさらに不気味)。

そして撮影後にマスクを取ると、中の人エイミー・ドナルドの素顔が。

笑顔がキュートな明るい女の子ですね。ミーガンとのギャップにホッとします。

ミーガン役の子役 エイミー・ドナルドのWiki風プロフィール!経歴やダンスの実力は?

【名前】エイミー・ドナルド(Amie Donald)
【生年月日】2010年1月28日(13歳※2023年5月現在)
【出身地】オークランド(ニュージーランド)
【職業】俳優・ダンサー

エイミー・ドナルドの出演作品

  • 2021年 Netflixドラマ『SWEET TOOTH season2(スイートトゥースシーズン2)』マヤ・モンキー役
  • 2022年 映画『M3GAN』ミーガン役

エイミー・ドナルドは、ドラマ『SWEET TOOTH season2』で初めて、俳優としてクレジットされました。

その後すぐに、映画『M3GAN』で主要キャストとして大抜擢されており、今最も注目されている子役のうちの1人であるといえます。

エイミー・ドナルドのダンス受賞歴

  • 2019年 ダンスワールドカップinポルトガル ジャズ部門銀メダル / コンテンポラリー部門銅メダル

エイミー・ドナルドは数々のダンスコンペティションで賞を獲得していますが、代表的なのが2019年(当時9歳)に開催されたダンスワールドカップのワールドファイナルです。エイミーはソロダンスのジャズ部門で銀メダル、コンテンポラリー部門で銅メダルを獲得しています(ソロダンスは年齢区分あり)。

同大会でメダルを獲得したニュージーランド人はエイミーだけだったこともあり、地元の新聞でも快挙として取り上げられていました。

ダンスワールドカップは4歳~25歳のダンサーが出場できるダンスの世界大会で、なかでもファイナルは、国内の予選で勝ち抜いたツワモノだけが参加できる超ハイレベルな大会です。ここでメダルを獲得するんですから、エイミーのダンスの実力は相当なレベルであることが分かります。

↓は別の大会に出場した際のエイミー・ドナルドのソロダンス動画です。身体能力の塊!必見です!!

最近は演技の仕事が忙しく、なかなかステージに立てていないそうですが、またいつかダンスでたくさんの人に笑顔を届けられるといいですね。

『ミーガン』撮影裏話:もともとミーガンが踊る設定はなかった!

最後に映画『ミーガン』の裏話もご紹介します。

ミーガンの脚本には、もともとミーガンがダンスをするシーンはありませんでした。

しかし、ミーガン役のエイミー・ドナルドのダンス能力に注目した、監督のジェラルド・ジョンストンの提案でダンスシーンが加えられたそうです。

ミーガンダンスは、動作コーチのジェド・ブロフィーと、ダンスインストラクターのカイリー・ノリスによって振り付けられました。

実際にエイミーがミーガンダンスを初めて披露した際には、あまりの不気味さに撮影現場は拍手喝采だったんだとか。

ちなみに、ミーガンが四つん這いで爆走する動作や、仰向けの状態から手を使わずに起き上がる動作などはエイミー自身が発案したもので、ミーガンのクレイジーさにいっそうの説得力を加えています。

ダンス動画がバズったことをきっかけに大ヒットしたミーガンですが、そのダンスはエイミー・ドナルドの表現力と身体能力なくして存在しなかったというわけです。

つまり、『ミーガン』はエイミー・ドナルドによるエイミー・ドナルドのための映画といっても過言ではないでしょう。

彼女の恵まれた容姿と、身体能力と才能を持ってすれば、次世代のアクション映画界を代表する俳優のひとりとして活躍する日もそう遠くないのではないでしょうか?

関連記事:赤い月や大きい満月を”怖い,苦手,不気味”に思うのはなぜ?

Visited 345 times, 1 visit(s) today

-エンタメ
-, , , , , ,

© 2023 ウラウラ+